リポート

クリッパーズの関心も、マーカス・モリスは「ここに居たい」

『New York Post』のマーク・バーマン氏によれば、ロサンゼルス・クリッパーズはポール・ジョージのトレードによってドラフト指名権をいくつか失ったものの、優勝を目指すためにニューヨーク・ニックスのマーカス・モリスの獲得を狙っていると伝えられています。

しかし一方で、2019年7月にニックスと1年1,500万ドルの契約を結んだモリスは、クリッパーズの関心についての報道を尋ねられた時、トレードされることは望んでいないと語りました。

「そんなくだらないことは気にしていない。噂は噂だ。ニューヨークに来る前にも言ったけど、僕はここに居たい。この状況を好転させる力となれることを楽しみにしているんだ。僕はこのロッカールームで起きることに集中している」



モリスがサンアントニオ・スパーズとの契約を放棄してニックスと契約を結んだ理由の一つは、彼の故郷であるフィラデルフィアに近いからでした。

ある情報筋によれば、フィラデルフィア・76ersもモリスの獲得を狙っている可能性があると伝えられています。

もし事実だとすれば、モリスは少なくともロサンゼルスよりは関心を示すでしょう。

76ersはニックスに提示できる1巡目指名権を持ち合わせていないものの、代わりに2020年の2巡目指名権を4つも保持しています。

また、モリスのトレードが起こるとなれば、彼のサラリーをマッチさせるために3チーム間トレードとなる可能性が高く、その場合はサラリーキャップを下回っているために比較的自由度の高いアトランタ・ホークスが、トレードのまとめ役となる可能性が高いでしょう。

モリスは今シーズン、33試合で平均19.1得点、5.5リバウンドを記録しています。

[kanren postid="16872,16684"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2021 NBA TOPICS