リポート

コービー・ブライアントが2020年にバスケットボール殿堂入りへ

ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂は、これまでも数々のNBAの偉人に対して殿堂入りの栄誉を与えてきました。

そして今年の8月には、あまりにも早くこの世を去った偉大な人物に、殿堂入りの栄誉を与える予定です。



『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏によれば、コービー・ブライアントは2020年の組で殿堂入りを果たします。

ブライアントは日曜日にヘリコプターの墜落事故に遭い、娘のジアナや他7人と共に他界しました。

バスケットボール殿堂会長のジェリー・コランジェロ氏は、ブライアントの殿堂入りについて次のように語っています。

「コービー、ティム・ダンカン、ケビン・ガーネットが揃い、史上最も壮大な組になることは間違いないだろう。コービーは、彼のあるべき姿を称えられるはずだ」

ブライアントは、昨年12月に発表された2020年の殿堂入り候補の一人であり、これにはティム・ダンカンやケビン・ガーネットの他にも、マグシー・ボーグス、ティム・ハーダウェイといった人物も名を連ねていました。

ブライアントの死を受けて、彼は通常の手順を踏むことなく、2020年最初の殿堂入りとなる予定です。

また、殿堂入りを果たす残りの人物の決定については、4月上旬に発表される予定です。

[kanren postid="17343,17329"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート

© 2021 NBA TOPICS