トピックス

キャリア最多の31得点を記録したザイオン・ウィリアムソン「これほどのことをするつもりでもない」

ニューオーリンズ・ペリカンズの新人、ザイオン・ウィリアムソンの影響力は留まるところを知りません。

ウィリアムソンは2月11日(日本時間12日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で、デビュー9戦目にして初の30得点超えとなる31得点を記録し、チームの快勝(138-117)に貢献しました。



『AP』のブレット・マーテル氏によれば、試合後にウィリアムソンはにっこりと笑って、愛想の良い様子でこう語っています。

「影響を与えようと思っているけど、これほどのことをするつもりでもない。チームメイトやコーチが僕を常に後押ししてくれているんだ。大きな期待は抱いているけど、夢と現実の境界線を見つけようとしているだけ。チームメイトが僕を見つければ、それはそれで良いし、そうでなければ別のプレイをする必要がある。リバウンドを取ったり、ディフェンスをしたりね」

ウィリアムソンは6フィート6インチ(約198cm)と285ポンド(129kg)の強さに加えて、クイックネス、垂直方向への爆発力を生かして、ブレイザーズのディフェンダーを圧倒しました。

相手にとってウィリアムソンは、強すぎるか、速すぎるか、もしくはその両方であり、彼が記録した9本のリバウンドのうち6本がオフェンスリバウンドであったことも、それを物語っていると言えるでしょう。

ブレイザーズのカーメロ・アンソニーは、ウィリアムソンについて「自分が見てきた選手の中で誰とも似ていない」とコメントしています。

ペリカンズのジョシュ・ハートも、「こんなに早い段階から、彼が優れているのを見るのは少し怖い」と言いました。

健康を維持さえしていれば、ウィリアムソンの影響力はチームメイトの予想さえも超えていくようです。

[kanren postid="17471,17449"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS