リポート

スパーズに不満の噂に、デマー・デローザンが反論「馬鹿げたこと」

『Yahoo! Sports』のクリス・ヘインズ記者は先日、サンアントニオ・スパーズのデマー・デローザンが6月下旬までに契約延長を結ばなかった場合、来シーズンの2,770万ドルのプレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントになると伝えました。

[kanren postid="18014"]



これに加えて『CNBC Sports』のジャバリ・ヤング記者は、デローザンがスパーズに”不満”を抱いていると報告しています。

しかし、デローザンは自身がスパーズに不満を持っているという噂を、Twitterで一蹴するようなツイートをしました。

こんな馬鹿げたことを思いつくのは誰だ?

ただ、たとえデローザンがプレイヤーオプションを行使して契約の最終年をスパーズで過ごすことを決めたとしても、彼が来シーズンをスパーズで終えることができる保証はありません。

デローザンが4度のオールスター出場経験を誇るベテランで市場価値があることもそうですが、2020-21シーズンのサラリーキャップも低下すると予測されていることから、スパーズが彼をトレードしてキャップに柔軟性を持たせる可能性もあります。

そしてここで興味深いのは、スパーズがデローザンをトレードすることに決めた場合、少なくとも一つの潜在的な候補があるということです。

ヤング記者はトレード先の候補について、マイアミ・ヒートを挙げました。

「トレード期限の間、マイアミがデローザンの獲得をプッシュしていると聞いた。彼はジミー・バトラーと仲が良いんだ」

今シーズン、デローザンは61試合で平均22.2得点、5.6リバウンド、5.6アシストのほか、フィールドゴール成功率でもキャリア最高の52.6%を記録しています。

デローザンはスパーズで個人的な成功を収めてきたものの、チームとしては長期的な成功を収めていると言い切れないため、デローザンの契約延長やトレードの話題は、今後も注目していきたいところでしょう。

[kanren postid="17869,18066"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, , ,

© 2021 NBA TOPICS