2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

リポート

ウルブズの最優先事項はマリーク・ビーズリーとファンチョ・エルナンゴメスとの再契約か

ミネソタ・ティンバーウルブズのバスケットボール運営部門代表であるガーソン・ロサスは、ウルブズの今オフの最優先事項がマリーク・ビーズリー、ファンチョ・エルナンゴメスとの再契約だと考えているようです。

ビーズリー、エルナンゴメスは今年2月、クリント・カペラやロバート・コビントンを含む4チーム間の大型トレードによって、デンバー・ナゲッツからウルブズに移籍しました。

[kanren postid="17863"]



『WCCO Radio』に出演したロサスは、今シーズン限りで契約が切れてフリーエージェントとなるビーズリー、エルナンゴメスについて、次のように語っています。

「彼らには長い間、ティンバーウルブズの一員となってもらいたい。願わくば、彼らの残りのキャリアをずっとね」

ナゲッツでベンチ起用されていた23歳のビーズリーは、ウルブズ移籍後に先発起用されるようになり、移籍後は14試合で平均20.7得点、フィールドゴール成功率47.2%、3ポイントシュート成功率42.6%とキャリア平均を大幅に上回る活躍を残していました。

ビーズリーは今オフに制限付きフリーエージェントとなるため、ウルブズが彼を残留させる場合は、390万ドルのクオリファイング・オファーを提示する必要があります。

[kanren postid="13644"]

同様にウルブズ移籍後に先発起用の座を与えられた24歳のエルナンゴメスも、14試合で平均12.9得点、7.3リバウンド、フィールドゴール成功率45.3%、3ポイントシュート成功率42.0%と、大きなステップアップを見せました。

エルナンゴメスも今オフ制限付きフリーエージェントとなるため、ウルブズは460万ドルのクオリファイング・オファーを提示するかどうか決めなければなりません。

-リポート
-,

© 2020 NBA TOPICS