トピックス

チャールズ・バークレー、ロケッツで優勝していても「カウントしなかった」

元NBAスターのチャールズ・バークレーは1996年、アキーム・オラジュワンやクライド・ドレクスラーを擁し、当時2連覇中であったヒューストン・ロケッツへトレードされました。

しかし、彼はそこで優勝していたとしても、決して誇りに思わなかったのかもしれません。

関連記事
シーズン中止を推奨するチャールズ・バークレー「危険すぎる」

続きを見る

今週、ザック・ロウ記者のポッドキャスト『The Lowe Post』に出演したバークレーは、ロケッツでのキャリアについて「優勝していてもカウントすることはなかった」と語っています。

「嘘はつかない。私とカール・マローンはそうだ。彼がロサンゼルス・レイカーズで優勝していた場合も、カウントされなかった」

ユタ・ジャズで18年間を過ごしていたマローンも、キャリア最後の年を当時3連覇中であったレイカーズで過ごしましたが、優勝することはできませんでした。

さらにバークレーは、ケビン・デュラントがゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍した時のことについても触れており、「私はその移籍で満足できない」と語っています。

「私はトレードを要求する時、シカゴ(ブルズ)やボストン(セルティックス)、レイカーズでプレイしたいとは言わなかった。競争機会のあるチームに移籍したかっただけだ」

1996年にフェニックス・サンズとのトレードを通じてロケッツへ移籍した後、ロケッツがファイナルへ進出し、ブルズを打ち倒していればより印象的だったでしょう。

しかし残念ながら、バークレーには優勝の数を足すことも、引くこともできません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS