トピックス

グレッグ・ポポビッチHCがトランプ大統領を激しく非難「”Black Lives Matter”と言えばいい」

サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチのコメントは、賛成であるか、反対であるかに関わらず、聞いておく価値があるでしょう。

なぜなら、必要な時はいつでも、気に入らないと思ったことははっきりと言葉にして伝えるからです。

ポポビッチHCは、黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警察官に不当な殺害をされたことについて触れ、さらにトランプ大統領の対応についても非難しました。

関連記事
ジョージ・フロイド氏の死亡事件に、ドック・リバースHCやドウェイン・ケイシーHCが声明

続きを見る



日曜日に『The Nation』のデイブ・ジリン記者とのインタビューに応じたポポビッチHCは、まず最初に、フロイド氏の死とそれに伴う抗議活動について語っています。

「警察の暴力や人種差別を誰もが目の当たりにしており、以前も目の当たりにしたというのに、何も変わっていないということが印象的だ。そのため、こうした抗議活動は爆発性がある。しかし、リーダーシップが無く、何が問題であるのか理解しない限り、変化は起こらない。そして、我々白人アメリカ人はこうした問題を避けることを特権としてきたため、永遠に無視してきた。それも変えなければならない」

人種差別的な問題も含んだフロイド氏の死亡事件に対する抗議活動は、日に日に激しさを増しています。

それからポポビッチHCは、こうした現状を鎮めて変化の引き金を引けないトランプ大統領を非難しました。

「彼は人々をまとめようとはしない。それは今もだ。彼は個人的な利益しか考えていない。全体の利益は考えていない。それが彼の今までの全てだ。

何をすればいいかは明確だ。大統領がシンプルに”Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)”と言えばいい。たった3つの単語を述べるだけだ。しかし、彼はそうしようとしない。彼にとっては、自分の狂気を正当化してくれる少数のフォロワーの機嫌を取ることの方が大切だからだ。リーダーが動けば、私もできることは何だってする。しかし、彼はリーダーではないため、我々をポジティブな方向に導くことは不可能だ。

結局のところ、我々についているのは大統領の代わりを務めている愚か者に過ぎない。実際の国を運営しているミッチ・マコーネル上院議員も、今後何世代にも渡ってアメリカを破壊する。マコーネルは我々の司法制度を破壊し、悪化させた。健康管理を破壊した。環境を破壊した。彼がトップであり、それはトランプの策略かもしれないが、滑稽なのはそれをトランプが理解していないということ。トランプは常に組織の一員になりたがっていたが、マコーネルが組織の一員であり、トランプはふざけているだけだ。

彼は単純に争いの火種になっているのではない。彼は破壊者だ。彼の前に居ると死ぬ。彼は自分の目的のため、生きた人々を食い殺していく。”Black Lives Matter”と言えないリーダーが居ることに驚きを隠せない。だから、彼はホワイトハウスの地下に隠れているんだ。彼は臆病者だ。小学生のように逃げ場を作って隠れている。正直、彼を無視するのが一番良いと思う。現状を改善するため、彼にできることは何も無い。なぜなら、彼は気の狂った愚か者だからだ」

関連記事
黒人男性ジョージ・フロイド氏の死への抗議活動に、ジェイレン・ブラウンやマルコム・ブログドンも参加

続きを見る

さらに、ポポビッチHCは抗議活動が必要だと考えていますが、度を越していたり、組織的でない活動は意味を成さないと指摘しました。

「(抗議活動は)必要だが、それ以上にもっときちんとした組織が必要だ。全員があらゆる方向に行ったり来たりしているだけでは上手くいかない。非暴力的であることは理解しているが、これでは混乱を引き起こしてしまっている。こうした信じられないほど大規模なデモが他の手段で扱われることが無いよう、しっかりとしたリーダーシップがあれば非常に歓迎されるだろう。我々は悪いことを自制できるが、それはより良く組織化されている場合に限るからね」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS