オースティン・リバースがカイリー・アービングのシーズン再開反対に疑問

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは人種差別や社会的不正に対する抗議のため、オーランドでのシーズン再開に反対する選手たちの先頭に立っています。

しかし、ヒューストン・ロケッツのオースティン・リバースは、アービングの主張を尊重しつつも、シーズン再開を諦めることが本当に最善の方法であるか疑問を抱いています。

blank

カイリー・アービングをはじめとした複数人のNBA選手がシーズン再開に反対

2020-06-13



リバースの主張は、NBA選手はプレイをすることでお金を得られる――すなわち社会的不正に対抗できるお金を得られるというほか、全ての選手がアービングと同様に大金を稼いでいるわけではなく、日常生活にお金を使うべきか、社会的不正に対抗するためにお金を使うべきかの厳しい選択に直面する選手もいるというものでした。

土曜日、リバースはソーシャルメディア上で、アービングのシーズン再開反対について次のように指摘しています。

「この抗議運動の力になろうとするカイリーの情熱は大好きだ…僕はそれを支持している…だが、NBAや選手のキャリア全てを犠牲にすることのない正しい方法もあるはず。僕たちなら両立できる。プレイすることも、黒人の暮らし方を変えることもできる」

シーズン再開が抗議活動の妨げになってしまうのではないかという声もありますが、選手たちが意識を高め、抗議する方法を探し続ければ、その情熱が途切れる可能性は低くなるでしょう。

リバースの言うように、NBA選手がバスケットボールと抗議活動を両立できる立場にあることも確かで、選手によってはプレイによって稼いだお金が抗議活動をさらに後押しするかもしれません。

アービングのように人種差別や社会的不正に立ち上がることは素晴らしいことですが、NBAのシーズンにまで影響を与えるべきかどうかは、まだ議論の必要性がありそうです。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。