ヤニス・アデトクンボがオーナーと会談、同日にはSNS上でバックスやチームメイトのフォローを解除

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボとチームオーナーのマーク・ラスリーが、土曜日にチームの将来について会談を行ったことを、『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者が伝えています。

そして興味深いことに、アデトクンボは同日にツイッターやインスタグラムで、バックスやチームメイトのアカウントのフォローを解除していました。

当然、これはアデトクンボがバックスを離れるという憶測に拍車をかけることになるでしょう。

ただ、現時点でアデトクンボがチームを離れたいと考えている可能性は低いと考えられます。

彼はプレイオフのカンファレンス準決勝第5戦に敗れた後、チームにトレードを要求するかどうかという質問に対して「それはない」とコメントしていました。

blank

今季終了も、ヤニス・アデトクンボはトレードの要求について「それはない」

2020-09-09

バックスは今年のオフシーズンに、アデトクンボに対して5年最大2億2,000万ドル相当のスーパーマックス契約での契約延長を提示することができます。

そして、もしアデトクンボがそのオファーを断ったとしても、バックスは彼をトレードするつもりはないと報道されています。

バックスは1974年にNBAファイナルに進出し、翌年に主力のカリーム・アブドゥル・ジャバーを放出して以来、一度もNBAファイナルへの切符を獲得できていません。

アデトクンボは、過去50年近いフランチャイズの歴史の中で最もアブドゥル・ジャバーに近い選手であり、彼がチームに居るだけでもバックスが優勝候補として見なされることを考えると、チームが迂闊にアデトクンボを放出しないのは理にかなっていると言えるでしょう。

アデトクンボ自身も移籍について結論を急いでいないのであれば、今回のオーナーとの会談は、今年のオフシーズンにバックスがどのような補強をすべきか…といったことを話し合った可能性があります。

もしそうであるならば、バックスは長期的にリーグの最前線で戦えるスーパースターを残しておくためにも、彼の意見は聞き入れる必要があるでしょう。

バックスは2年連続でリーグ最高勝率を記録しましたが、プレイオフは2年連続で失敗に終わっており、それはアデトクンボが望む結果ではありません。

そして、アデトクンボがスーパーマックス契約を断れば、バックスに残された証明のチャンスはあと1年しか無いことになります。

バックスは勝利できるチームであることを証明するため、今年のオフシーズンに求められることを何でもするような覚悟が必要です。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。