トピックス

シリーズ2連敗も、ヒートのエリック・スポールストラHCは「他人がどう思おうと気にしない」

マイアミ・ヒートはロサンゼルス・レイカーズとのNBAファイナルで最初の2試合に敗れましたが、ヒートのエリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)はまだ自分たちが不利な状況に置かれているとは考えていません。

「他人がどう思おうと気にしない。勝利のために必要なことは何でもやる。単純なことだ。我々のチームはしぶとく、粘り強い。相手をどうやって乗り越えるか考えるだけのことだ」

ESPN

ヒートは10月2日(日本時間3日)に行われた第2戦を、首を痛めたバム・アデバヨと、左足底筋膜の断裂を負ったゴラン・ドラギッチが欠場した中で戦いました。

スポールストラHCは試合前、両者が第2戦の出場を希望したものの、健康を第一に考えて出場を認めなかったことを明かしています。

「この24時間はヘッドコーチだけでなく、親の役割も果たさなければならなかった。…彼らはプレイする準備をしていたから、最終的に出場させない決断を下す必要があった」

ESPN

ヒートは第2戦でも第2クォーター以降に追いつくことができなかったものの、最大32点差をつけられた第1戦に比べれば、勝利の希望は第4クォーターまで残っていました。

スポールストラHCは第2戦の敗北も糧になると信じています。

「我々は何かを成し遂げようとしているが、そのためには別のレベルに到達する必要がある。今夜の競争力は多くの部分で良かったが、別のレベルに到達することができれば、最終的には勝利のチャンスもあったと思う。この敗戦は、別のレベルに到達する方法を学ぶプロセスの一部さ」

Fox Sports Florida and Sun

ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、アデバヨは第3戦で復帰する見込みがあると伝えられています。

ここまでの2試合のプロセスが、第3戦で結果に繋がることを期待しましょう。

関連記事
【NBAファイナル2020】主力2人を欠くヒートに難なく勝利したレイカーズ、第2戦の勝敗を分けた4つのポイント

続きを見る

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS