ナゲッツがペリカンズのドリュー・ホリデーの獲得に関心?トレード期限前にも獲得の噂

今季、ウェスタン・カンファレンスの頂点まで目前に迫ったデンバー・ナゲッツは、今年のオフシーズンにチームをさらに強化することに焦点を当てているようです。

Denver Post』のマイク・シンガー記者によると、ナゲッツは今季のトレード期限直前にニューオーリンズ・ペリカンズのガードであるドリュー・ホリデーをトレードで獲得する噂がありました。

そしてシンガー記者は、ホリデーを獲得する計画が今年のオフシーズンに再び検討される可能性があると伝えています。

ポイントガードのジャマール・マレーと、センターのニコラ・ヨキッチのデュオは、今年のプレイオフを通じてナゲッツの将来に希望をもたらしました。

しかし、一方でゲイリー・ハリスやウィル・バートンは怪我に悩まされたことから、ウィングの選手はチームの課題として残っています。

ここに今季61試合で平均19.1得点、6.7アシストを記録したホリデーが加入するのは、チームにとって良い補強となるかもしれません。

また、ホリデーは来年のオフシーズンにフリーエージェントを迎えることから、彼を獲得してみるリスクを背負う価値もあるでしょう。

ただし、ホリデーの獲得に関心を示すチームはいくつかあると噂されており、最近ではブルックリン・ネッツもそのチームの一つとして伝えられました。

関連記事
ネッツがペリカンズのドリュー・ホリデーの獲得に関心?

続きを見る

-
-, ,

© 2020 NBA TOPICS