2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

トピックス

オーバーン大のアイザック・オコロがドラフト全体1位指名に自信、ウルブズでプレイする将来を見据える

多くのモックドラフトでは、2020年のNBAドラフトでジョージア大のアンソニー・エドワーズ、元イライワ・ホークスのラメロ・ボール、メンフィス大のジェームズ・ワイズマンのいずれかが全体1位指名を受けるだろうと予想しています。

しかし、今年のドラフトの上位指名候補であるオーバーン大のアイザック・オコロの考えは異なるようです。

オコロは『Forbes』のアダム・ザゴリア記者とのインタビューで、自分こそが今年のドラフトで全体1位指名を受けるべきだと主張しました。

「全試合に出場し、競い合い、100%の努力をしてきた自分こそが、全体1位で指名されるべきだと感じている。コーチが望むことは何でもやりたい。自分は勝利の文化をもたらすことができる」

Forbes

6フィート6インチ(約198cm)のオコロは今季平均12.9得点、4.4リバウンドを記録したほか、SECオールディフェンスチームやオールフレッシュマンチーム選出など素晴らしいシーズンを過ごしました。

また、オコロは今年のドラフトの全体1位指名権を保持しているミネソタ・ティンバーウルブズでプレイする将来についても見据えており、チームにフィットできると語っています。

「自分がチームに溶け込んで、ディアンジェロ・ラッセルとカール・アンソニー・タウンズと一緒にプレイしている姿を想像することができる。その中で自分の役割を果たし、コーチに求められたことを試合で見せ、勝つことができると感じているよ」

Forbes

運命のNBAドラフトは11月18日(日本時間19日)に開催されます。

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS