トピックス

マイケル・ジョーダンとの比較に、ケビン・デュラントは「まだ彼のプレイを見て学んでいるレベル」

最近の『First Take』のエピソードの中で、マイケル・ジョーダンとケビン・デュラントのどちらがNBA史上最高のスコアラーであるか、マックス・ケラーマンとケンドリック・パーキンスの間で激しい議論が行われました。

その議論はツイッターを介してデュラント自身の耳まで届きました。そして彼はジョーダンがいかに偉大な存在であるかを指摘することによって、史上最高のスコアラーの議論から自身を取り除くべきであるとツイートしました。

MJ(マイケル・ジョーダン)は神のレベルに到達した比類なき勝者だ。自分はまだ彼のプレイを見て学んでいるレベル。議論から自分を外してもらいたい」

NBA選手の多くは、自身も偉大な選手になることを夢見てジョーダンに憧れを抱いてきました。デュラントに限らず、レブロン・ジェームズやコービー・ブライアントといった選手も例外ではありません。ブライアントがジョーダンを兄のように尊敬し、ジョーダンのムーブそのものをプレイスタイルにしたことは有名な話です。ジェームズは一番好きな選手がジョーダンであることを何度も語っており、背中に着いている『23』という数字がそれを物語っていると言えるでしょう。

公平を期すために言っておくと、アナリストたちによる議論はNBAファンの関心を維持するための手段に過ぎません。特にオフシーズンはカジュアルなファン層が離れがちなため、常に物事を掻き立てるのは彼らの仕事の一部でもあります。ただ、その議論が白熱した展開になったとしても、NBA選手たちは相手の選手に敬意を払うことを忘れてはいません。

合わせて読みたい
サンダー時代以降、ケビン・デュラントとジェームズ・ハーデンはどのように関係を発展させたのか

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS