トピックス

スティーブン・アダムスがサンダーに感謝の言葉「常に楽しく、退屈にならなかった」

27歳のセンターのスティーブン・アダムスは、2013年のNBAドラフトでオクラホマシティ・サンダーに全体12位で指名されて以降、6シーズンの全てをサンダーに尽くしてきました。そして先日、ドリュー・ホリデーのミルウォーキー・バックスへの移籍を含む4チーム間トレードの一部として、アダムスはニューオーリンズ・ペリカンズへトレードされることになりました。

アダムスは自身をリーグで価値のあるセンターに変えてくれたサンダーの組織やファンに対し、ツイッターで感謝の言葉を述べています。

さようならオクラホマシティ、7年前に指名してくれてありがとう。皆は最高だったよ!皆の厚いもてなしに感服だ。常に楽しく、退屈にならなかったよ。

アダムスはサンダーでの6シーズンで通算530試合に出場し、平均9.8得点、7.6リバウンド、1.2アシスト、フィールドゴール成功率 58.9%を記録しました。

サンダーはこのオフシーズンに主力のクリス・ポールやデニス・シュルーダーをトレードしてドラフト指名権を獲得したり、フリーエージェントとなったダニーロ・ガリナリと再契約を結ばず、本格的な再建を始めていたため、アダムスのトレードも時間の問題であると考えられていました。アダムスはまだベテランと呼ぶような年齢ではないかもしれませんが、今のサンダーは彼よりもさらに若い22歳のシャイ・ギルシャス・アレキサンダーや、21歳のルーゲンツ・ドートを中心とした計画を立てています。

アダムスはケビン・デュラントやラッセル・ウェストブルック、ポール・ジョージ、クリス・ポールといったスーパースターたちとコートを共有することになりながらも、その時々でチームの環境に上手く適応してきました。若い選手を中心に競争力を高めようとしているペリカンズは、そのようなアダムスの経験や才能に期待を込め、移籍後すぐに2年3,500万ドルの契約延長を結んでいます。

合わせて読みたい
ドリュー・ホリデー、スティーブン・アダムスを含む4チーム間トレードの詳細について

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS