トピックス

デマーカス・カズンズ、ロケッツでジョン・ウォールと再会する心境を絵文字で表現

ヒューストン・ロケッツがワシントン・ウィザーズとのトレードで、ラッセル・ウェストブルックと引き換えにジョン・ウォールを獲得したことによって、過去4回のオールスター選出経験を持つセンターのデマーカス・カズンズは旧友と再会を果たすことになります。ウォールとカズンズはケンタッキー大のチームメイトであり、今でも非常に親しい関係が続いている仲です。

このオフシーズンにロケッツと1年契約を結んだカズンズは、ツイッターでウォールと再会する心境を1つの絵文字で表現しました。

理論上では、ロケッツはジェームズ・ハーデン、ウォール、カズンズ、エリック・ゴードン、PJ・タッカーといった魅力的な主力選手を揃えているように見えます。ロケッツはまた、デトロイト・ピストンズとのサイン&トレードで有望なパワーフォワードであるクリスチャン・ウッドも獲得しました。

ただ、ウォールとカズンズのパフォーマンスがどれくらいのレベルであるかは未知の部分です。ウォール(アキレス腱断裂)とカズンズ(前十字靭帯断裂)は、どちらも深刻な怪我によって2019-20シーズンの全休を余儀なくされていました。

ウォールは9年間のキャリアで平均19.0得点、3.6リバウンド、8.7アシスト、1.5スティールを記録しています。一方、カズンズは9年間で平均16.3得点、8.2リバウンド、3.6アシスト、1.3スティール、1.5ブロックを記録しています。

合わせて読みたい
ロケッツとウィザーズの間で、ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールのトレードが合意

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS