ホーネッツの最優先事項は、ケンバ・ウォーカーとのスーパーマックス契約

(引用元:nba.nbcsports.com)

シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーは、今季のオールNBA3rdチームに選出されたことで、5年2億2,200万ドルのスーパーマックス契約を結ぶ資格を得ました。

 

そしてウォーカーは、ホーネッツとの再契約を最優先として見ています。

 

では、ホーネッツはウォーカーに莫大なサラリーを払い、戻ってくることを望んでいるのでしょうか?

 

どうやら、答えは「イエス」のようです。

 

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏は、どちらも今夏の最優先事項が、互いの契約であると伝えました。



ただし、スーパーマックス契約は”決まった条件に拘束されていない”という部分に注目すべきです。

 

スーパーマックス契約を結ぶ際、5年間の契約であることは絶対条件ですが、サラリーに関しては2019-20シーズンのサラリーキャップの30~35%から決めることが可能です。

 

また、最初のシーズンのサラリーから、毎年最大8%のサラリーの増減をすることが可能で、5年契約を全て保証しなくてもいい――すなわちオプションを組み込むことも可能です。

 

つまり、この部分に交渉の余地があるわけで、もしかすると互いに折り合いをつける必要があるかもしれません。

 

どちらか一方が納得できなければ、ウォーカーはより魅力的な他チームを探すことが出来ますし、ホーネッツは新たな戦力を探すことが出来るようになるでしょう。

 

しかし、現状でホーネッツとウォーカーは再契約を結ぶ意向を示していることから、おそらくホーネッツにはサラリーの余裕が無くなることが考えられます。



もし、オーナーであるマイケル・ジョーダン氏が、成功する保証の無いチームのために贅沢税を支払うことを避けているのであれば、ホーネッツはニコラ・バトゥームマービン・ウィリアムズコディ・ゼラーマイケル・キッド・ギルクリストといった選手をトレードし、サラリーの空きを作るために動くかもしれません。

 

要するに、ホーネッツがウォーカーとスーパーマックス契約を結べば、チームはそれ以外の戦力を大きく変える必要があるかもしれない、ということです。

(参考記事:Report: Hornets still view super-max-eligible Kemba Walker as their top priority


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください