スリーポイントシュートの改善に取り組んでいるアンソニー・デイビス

出典:foxsportsasia.com

ロサンゼルス・レイカーズと最初のシーズンを過ごすにあたって、ビッグマンのアンソニー・デイビスはスリーポイントシュートの改善に力を入れているようです。

 

『NBA.com.』のジョイ・ラミレス氏によると、デイビスは次のように語りました。

 

「この夏、スリーポイントシュートを最も改善した。フロアをもっと広げたいと思ったんだ。ビッグマンも、今は間違いなくそういったことが必要になっている。30%ぐらいの確率で決めたいね。そうすることで、レイカーズを可能な限り助けられるし、うまくいけば優勝することができる」



昨季、レイカーズはチーム全体として、スリーポイントシュート成功数がリーグ20位の847本、成功率がリーグ29位の33.3%に終わりました。

 

今の時代は、スリーポイントシュートを決められるビッグマンも増加しているため、やはり打てるようになることは求められます。

 

デイビスはニューオリンズ・ペリカンズで過ごした昨季、56試合で48本のスリーポイントシュートを決め、33.1%の成功率を記録しました。

 

シーズンを通じてこの数字を維持することが出来れば、レイカーズのフロアは間違いなく広くなるでしょう。

 

 

今のレイカーズについて語ったクリス・ボッシュ氏「理論上では最強のチーム」

2019-09-08

(参考記事:Anthony Davis Focuses Offseason on 3-Point Shot

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください