トピックス

2017年の夏に引退を考えていたルー・ウィリアムズ「現実を受け止める必要があった」

ロサンゼルス・クリッパーズのルー・ウィリアムズは、今やNBAを代表するシックスマンの一人ですが、数年前にはNBAの舞台から退くことも考えていたようです。

彼がその考えに直面したのは、数ヶ月間でロサンゼルス・レイカーズからヒューストン・ロケッツへ、ロケッツからクリッパーズへトレードされた後の、2017年の夏のことでした。



『Stadium』のシャムス・シャラニア氏によれば、ウィリアムズは当時のことについて「終わった」と考えていたことを明かしました。

「6ヶ月間で3つのチームに居たんだ。周囲を見回して、現実を受け止める必要があった。選手はあちこちに移籍することになると、最終的に解雇されて、電話を待つことになるんだ」

それでもウィリアムズはクリッパーズで解雇されることなく、その後2年連続でシックスマン賞を受賞し、今もチームに大きく貢献し続けています。

ウィリアムズは、自身がクリッパーズに残ることができたのは、指揮官のドック・リバース・ヘッドコーチが高く評価してくれたからだと語りました。

「ドックと話し合ったんだ。彼は”他のチームが何を考えているかは分からないが、我々は君を必要としている。君は安心してここに居ることができる”って言ってくれたんだ」

期待に応えたウィリアムズはもちろんのこと、たらい回しにされていた選手に価値を見い出したリバースHCも、称賛値すると言えるでしょう。

[kanren postid="16525"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS