2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

トピックス

ポール・ミルサップとの再契約に前向きのナゲッツ、運営部門代表は「ナゲッツで引退するのを見たい」

今年のオフシーズンにフリーエージェントを迎えるベテランフォワードのポール・ミルサップとの再契約について、デンバー・ナゲッツは前向きな姿勢を見せています。

『Denver Post』のマイク・シンガー記者によれば、ナゲッツの運営部門代表であるティム・コネリーは「ポールがナゲッツで引退するのを見たい」と語りました。

「彼がこのチームと街にもたらしたものは、かなり特別なものだった。現状では、これ以上の働きは求められるものではないと思う。彼は我々に勝利や、ここまで辿り着く方法など、多くのことを教えてくれた」

Denver Post

2017年にナゲッツと3年9,000万ドル以上の契約を結んだミルサップは、若きスターのニコラ・ヨキッチと共にフロントコートの頼れる主力選手でした。

そしてミルサップは3シーズンで通算159試合(平均26.9分)に出場し、平均12.8得点、6.6リバウンド、フィールドゴール成功率 47.8%、3ポイントシュート成功率 38.1%を記録しました。

ただ、シンガー記者によれば、36歳のミルサップは差し迫る自身のフリーエージェントについて決断を下していないようです。

また、ナゲッツはミルサップとの再契約よりも、同じくフリーエージェントを迎える26歳のジェレミー・グラントとの再契約を優先事項とする可能性があります。

グラントと再契約を結んだ場合、ナゲッツは他の補強も考慮してラグジュアリータックスラインを超えない動きを心がける必要があるため、ミルサップに使用できるサラリーは今の契約よりも大幅に減少することになるかもしれません。

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS