リポート

NBAが2021年のオールスター中止を検討

NBAは2021年のオールスターウィークエンドを中止することについて検討していると、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者とザック・ロウ記者が報じています。

もしオールスターウィークエンドが中止された場合、リーグはその代わりに2週間の休息期間を設ける予定のようです。

NBAの歴史上では、過去に1度だけ――1998-99シーズンがロックアウトの影響を受けて開幕が遅れたため、1999年のオールスターウィークエンドが中止となりました。

当時、開催都市であったフィラデルフィアは、3年後の2002年にオールスターウィークエンドの開催都市に選ばれましたが、2021年の開催都市であるインディアナポリスがどうなるのかは今のところ分かりません。

現時点では2022年にクリーブランド、2023年にソルトレイクシティでオールスターウィークエンドが開催されることが決定しています。

合わせて読みたい
NBAの2020-21シーズンの開幕は12月22日(日本時間23日)を目標に、レギュラーシーズンは72試合制

続きを見る

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS