トピックス

ルカ・ドンチッチとマジック・ジョンソンを比較するマーベリックスのオーナー

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、わずか2年間のキャリアでリーグのスーパースターの一人という地位を確立しています。23歳のスロベニア出身のガードは、ルーキーイヤーの2018-19シーズンに新人王を受賞した後、2019-20シーズンは61試合(平均33.6分)の出場で平均28.8得点、9.4リバウンド、8.8アシストを記録したほか、オールスター出場やオールNBA1stチーム選出も果たしました。

そのため、最近のポッドキャスト『Danger Show』に出演したマーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンは、脚光を浴びるドンチッチのプレイスタイルやカリスマ性について、NBAレジェンドのマジック・ジョンソンと比較しました。

「彼(ドンチッチ)はトップから望む場所にパスを出すことができる。タイミング通り、狙い通りに選手にパスを出す方法を知っているんだ。

勝負所にも強いし、常に責任も負っている。素晴らしいチームメイトであり、楽しい若者でもある。マジックは笑顔で物事を明るくしていたし、ルカもマーベリックスで同じことをしている。彼はマジックのようなカリスマ性も持ち合わせているのさ」

Danger Show

マーベリックスは2017-18シーズンを24勝58敗(.293)のウェスタン・カンファレンス13位で終えた後、オフシーズンのNBAドラフトでドンチッチを獲得しました。彼の加入以降、チームは成績を伸ばしています。2018-19シーズンは同14位でありつつも33勝49敗(.402)を記録しました。そして、2019-20シーズンは43勝32敗(.573)の同7位を記録し、4年ぶりとなるプレイオフ進出を果たしました。

マーベリックスはこのオフシーズンに大きな補強を行っているわけではありません。しかし、ドンチッチの成長はとどまるところを知らず、チームメイトにも好影響を与えています。そのため、2020-21シーズンのマーベリックスは昨季以上に良い成績を残すことが期待されています。

合わせて読みたい
大ベテランのジャマール・クロフォードでも教えることができない、ルカ・ドンチッチが持つ才能とは

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS