リポート

ピストンズ、ニックス、サンズがフレッド・ヴァンブリートの獲得に関心?

デトロイト・ピストンズ、ニューヨーク・ニックス、フェニックス・サンズが、今年のオフシーズンにフリーエージェントを迎えるトロント・ラプターズのフレッド・ヴァンブリートの獲得に関心を抱いていると、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者が伝えています。

26歳のガードであるヴァンブリートは、今年のオフシーズンに最も注目を浴びるフリーエージェントの一人と予想されています。

今季はレギュラーシーズンで54試合(平均35.7分)に出場し、平均17.6得点、3.8リバウンド、6.6アシストと大きく成績を伸ばしたほか、ブルックリン・ネッツに4連勝したプレイオフ1回戦でも平均33.2分の出場で平均21.3得点、4.0リバウンド、7.8アシストを記録しました。

今年のオフシーズンに潤沢なキャップスペースを持つチームは少ないため、ラプターズはヴァンブリートと再契約を結ぶにあたって有利な立場にあると言ってもいいでしょう。

しかし、ニックスやピストンズはキャップスペースを持つチームの一部であるため、彼らは予想以上にヴァンブリートに多くの投資を行う可能性があります。

また、ピストンズには元ラプターズのHC(ヘッドコーチ)であるドウェイン・ケイシーが指揮官を務めているというのも見逃せません。

関連記事
フレッド・ヴァンブリートの新契約は2,500~3,000万ドル?

続きを見る

サンズに関しては、バックコート陣が既にデビン・ブッカーとリッキー・ルビオで形成されていることや、アーロン・ベインズやダリオ・サリッチ、フランク・カミンスキーのようなローテーションプレイヤーと再契約を結んでサラリーの柔軟性が失われるかもしれないことを考えると、ヴァンブリートを獲得する可能性は低いように見えます。

ただし、サンズのジェームズ・ジョーンズGMは、昨年の夏にルビオを獲得するためにキャップスペースを作り出す意欲を見せているため、今年も狙った選手のために同様の動きを見せるかどうかは注目に値します。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, , , ,

© 2021 NBA TOPICS