リポート

NBAが2019-20シーズンの再開に”より前向き”か

新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンが中断されて2ヶ月以上が経過し、その間に何度も楽観的な見方と悲観的な見方を繰り返してきましたが、つい最近になってリーグがシーズン再開に向けて重要な一歩を踏み出したと、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えています。

ウォジナロウスキー記者によれば、NBAコミッショナーのアダム・シルバーは電話による理事会の中で、国内外のスポーツやリーグが再開に向けてどのような動きをしているのかについての詳細や、再開後に予想される変化などについて話したとされています。

関連記事
NBAと選手会が団体交渉協定を終了できる期限を9月まで延長

続きを見る

ただし、その中でも特に興味深いものとして、選手やコーチ、スタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が出る可能性があることを受け止める必要があり、もし感染が発覚した場合でもシーズンを再び中断することはないというものがあり、ウォジナロウスキー記者は次のように伝えました。

再開後に新型コロナウイルスの陽性反応が出てもシーズンが中断されることはないという考えを、チームのエグゼクティブや選手に納得してもらうという目標を含め、健康と安全の問題を中心に議論が進められた。

これについては、検査がどのように行われるのか、陽性反応が出た人物はどこで隔離されるのか、同じチームの選手やスタッフはどうなるのか、陽性反応の出た選手が在籍するチームのスケジュールにはどのような影響が出るのかなど、様々な疑問が残っています。

そして何より、そうした判断が公平に扱われるのかという懸念もあるでしょう。

例えば、ロサンゼルス・レイカーズがカンファレンス決勝を戦っている途中、レブロン・ジェームズに新型コロナウイルスの陽性反応が出た場合、「2週間後にまた会おう。その時にまだレイカーズがプレイしていることを祈る」というだけで終わらせられるかということです。

もし事態をより深刻に捉えるのであれば、リザーブの選手やアシスタントコーチに陽性反応が出た場合でも、同じように対処しなければなりません。

その他にも、65歳のコーチやスタッフをはじめとした免疫力が低下している可能性のある人々をどうするのかなど、これらの詳細を明らかにしていくには時間がかかります。

シーズン再開の兆しが見えてきたとはいえ、解決すべき大きなハードルがまだいくつも残されていることも事実でしょう。

関連記事
NBAがシーズン再開の選択のために使う”決定木”とは?

続きを見る

最近ではレブロン・ジェームズやヤニス・アデトクンボ、ステフィン・カリーなどのスター選手が電話会議を開催し、シーズン再開の希望を表明しました。

とはいえ、彼らもシーズン再開の条件として安全を確保することを挙げています。

誰もがシーズン再開を望んでいることは明らかですが、バスケットボールに関係する人々の安全や健康を犠牲にしてまで再開させるべきでもありません。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS